愛着があるからこそ、売却も1つの手かも

愛着があるからこそ、売却も1つの手かも


車を買い替える時、多くの人は前の車を下取りに出したり、 車を売却して次の資金に したりするでしょう。
私も含めて面倒だからディーラーさんで全部しておきたい、 という人は、無難に新車の値引き交渉と一緒に下取り交渉を して、まあそのまま下取りに出す。ということが多いと思います。
でも、前の車に愛着があればあるほど、下取りに出してしまうのは、 どうなのかなと思うことがあります。
だって、何年も乗って愛着がわいている車が、1万とか2万とかでは、 なんか車に申し訳ないような気がします。
なので、もし中古車屋さんの車は見積もりが、意外に高額なのであれば、 評価してもらったんだなあとうれしくなりますし、次に必要な人が 大切に乗ってもらえるかもしれないということもあって、売却というのも いいなあと思っています。
当然、ついでに新車を買う資金に出来るなら、一石二鳥と言えますから。
まあ、私の前の車の場合、もう随分年数が経っていたので、中古車屋さんの 見積もりも、下取りも変わらない金額だったので、下取りにしてしまいましたが、 それでよかったのかなあと、思ってました。
それを考えると、愛着がある車は、売却と言う方がいいかもしれません。
愛車をこれから下取りに出すならここ